空き家の基本 - 相続や税金の問題、売却から太陽光発電まで

 

空き家活用の方法

 

akiya
 

「何もせずに放置したままの空き家がある」

 

そういった方、多いのではないでしょうか。
 

現代の日本の人口というのは、都市一極集中型と呼ばれ、地方の人口減少が止まらない時代です。それが原因で相続者のいない家や後継者のいない親戚の家などに誰も住まなくなり、そのまま放置されています。
 

誰も住んでいない状態の家を「空き家」と呼びますが、この空き家は人が住む居住用の家とは異なり、誰も住んでいないまま放置してしまう事で周辺に悪影響を与えてしまう事が多くあります。
 

また、日が経つにつれて建物劣化してきてしまい、最悪は取り壊す必要まで出てきてしまうのも空き家のひとつの特徴として頭に入れておかなければなりません。
 

では、そういった空き家を所有していたり、相続する事になった場合、どのように対応すれば良いのでしょうか。
 

この記事では、そういった空き家活用に困った時のポイント等を交えて紹介していきたいと思います。
 

空き家の基本や活用におけるポイント

 

「国内の住宅約10軒に1軒が空き家になっている」

 

現在の日本では、空き家の件数において、このようなデータがあります。
 

しかし、こういった危険な状況になってしまうにも関わらず、空き家件数は年々増加しており、統計開始の昭和48年から現在まで約2倍以上、空き家率も約15%と上昇しています。
 

つまり、空き家をそのままにしておくのはかえって危険であり、有効活用しないともったいないです。
 

もし空き家ビジネスそのものを知らないという方は以下の記事を参考にしてみてください。空き家の有効活用における何かヒントが見つかるかもしれません。【最新版】空き家ビジネスの活用事例
 

「空き家は活用しないともったいない」

 

空き家には活用できることがたくさんあります。誰も住んでいない家や使わなくなった家を所有しているのなら、それは非常にもったいないことです。
 

もし空き家の活用方法が分からなかったり、土地や周辺環境に応じた最適な活用が見つからない場合には、不動産のプロに無料相談してみるのもひとつの方法かもしれません。
 

⇒まずは無料査定を申込してみる

 
当サイトが監修した記事で今の空き家状況に合った最適な活用方法を考えていきましょう。
 

空き家活用する前に確認しておきたい記事一覧

【最新版】空き家ビジネスの活用事例
相続した空き家の6つの活用方法
空き家対策特別法について
市街化調整区域の空き家売買

 

空き家を売る(売却する)ためのポイント

 

「不動産会社によって売れる値段に差がある」

 

これから空き家を売ると考えている人にとって抑えるべきポイントは、不動産会社で売却価格が全く異なるという点です。
 
数百円から数千円程度ならまだ許せるとは思いますが、不動産売却の場合は単位が違います。場合によっては、数百万円近く差が出ることもあるのです。空き家をスムーズに売るための方法として記事にも書いていますが、実際に売るとなると経費や税金、土地の適性価格を知る必要があるなど、面倒になることがたくさんあり初めて売る人にとっては少し難しく感じたりもします。
 

実際に1円でも高く空き家を売却できた人は不動産のプロによる複数社査定をきっかけに始めています。
 

⇒まずは無料査定を申込してみる

 

空き家を売却する前に確認しておきたい記事一覧

空き家をスムーズに売るための方法とメリットやデメリット
【最新版】空き家売却の前に査定をして買取価格を確認する方法

 

空き家をリフォーム・リノベーションする

 

「空き家をリフォームして新たな使い方を見つける」

 

空き家にはリフォームやリノベーションを施して、住居として再利用したり、売却や賃貸などの経営をする方法があります。その場合、費用はかかりますが、リフォーム、リノベーションする前と比べて不動産価値が上がることもあるのです。
 
当サイトでは空き家活用の面を含めてリフォームやリノベーションをする最適な方法をまとめています。
 

空き家をリフォーム・リノベーションする前に確認しておきたい記事一覧

空き家活用のための増築や減築のリフォームやリノベーションとは
【参考】素敵な庭にするためのリフォーム活用事例

 

空き家を賃家として貸し出す(賃貸経営)

 

「空き家を貸して定期的な賃貸収入を得る」

 

空き家には賃貸経営という方法もあります。
 

地方の人口減少こそ止まらない現状にはありますが、企業などが田舎体験などのアクティビティを設けて田舎の人口減少を何とか食い止めようといった動きも出てきています。
 

空き家が地方にある場合は、そういった企業向けに貸し出しても良いと思いますし、近隣の交通の便や賃貸状況を見て不動産屋に賃貸の相談をしてみるのも良いかもしれません。
 

空き家を賃貸に出す前に確認しておきたい記事一覧

空き家を賃貸物件にして不労収入を得る方法
空き家をトランクルームにして経営する方法
空き家バンクを実施している全国374の市町村

 

空き家を解体してから活用する

 

「解体することで活用方法を増やす」

 

空き家を活用する方法の中には「空き家を解体する」方法も1つにあります。
 

一旦、解体することで土地活用として方法が増えるため、「なかなか空き家の買い手がつかない」「空き家が古くて老朽化している」場合には有効な手段にできる場合があります。
 

空き家を解体する前に確認しておきたい記事一覧

空き家の解体費用と価格相場

 

空き家にかかる税金

 

「空き家は税金が高い」

 

空き家にかかる税金は放置すればするほど金額や法的リスクが伴ってきます。
 

空き家の税金を知らないからといって放置していると後に大きな負担になる場合がありますので、事前に調べておく必要があります。
 

空き家の税金を調べる前に確認しておきたい記事一覧

空き家の固定資産税と特定空き家にされないためのポイント

 

空き家を放置する

 

「空き家を放置することは最も危険」

 

使っていない空き家を放置することは、周辺環境の悪化や税金リスクを考えても最も危険なことです。
 

最悪の場合には差押となる場合もありますから、必ず空き家の売却や活用方法を考えるようにしておきましょう。
 

空き家を放置する前に確認しておきたい記事一覧

空き家問題の対策・解決策とは。放置した所有者の責任はどうなる?

 

akiyaritsu
 

【2017年最新版】空き家ビジネスの活用事例と成功に近づける方法や種類

akiya-katsuyou-bijiness

「空き家で困った…」

空き家を所有している人や、田舎に両親がいて将来的に空き家を相続する予定の人などは、空き家をどのように活用しようか悩んでいることが非常に多くいます。

また、所有しているだけで固定資産税がかかってしまうので、処分してしまおうかとも思いますが、壊してしまうのももったいない、と考える人もたくさんいます。

実は今、こうした空き家をビジネスに活用する方法が注目されています。

そこで今回は、空き家ビジネスを成功させるための活用方法について解説します。

この記事は、

1.空き家を有効活用したい
2.空き家ビジネスが気になっている

このような考え方の人におすすめです。

空き家活用ビジネスのモデルを知ることによって、空き家を所有するきっかけができたとき、空き家を活用することで安定した収入を得ることができるでしょう。

続きを読む

賃貸活用や売却目的のための増築リフォームと減築リフォームの注意点と重要な7項目を分かりやすく解説

taiyoukouhatsuden-merit

不動産の中でも建物を所有しているなら、効果的に活用すべきです。

建物活用方法としては、賃貸や売却が典型的ですが、これらに成功するためには、なるべく高額の収入を得ることが重要です。

高額な賃料を得たり高く売却したりするためには、建物のリフォームが役に立つケースがあります。

ただ、リフォームを行う場合、どのような点に注意して、どのようなリフォームをすればよいのかがわからないことが多いでしょう。

そこで今回は、売却や賃貸活用に向けたリフォーム増減築の14つのポイントにをご紹介します。

この記事では、

1.不動産賃貸や売却を考えている
2.できれば高く貸したい(売りたい)

そう考えている方に特にオススメです。

続きを読む

空き家活用として「賃貸」を選択した時に役立つ17の項目

home-rental

空き家を相続したり、もともと所有していたりする場合、どのように活用すべきかが問題です。

活用せずに所有しているだけだと経費がかかるだけなので、売却しないなら活用すべきです。

空き家活用の方法としては、貸す方法がおすすめですが、実際に空き家を貸したいと思っても、具体的にどのようにすすめたら良いかがわからないことも多いでしょう。

今回は、空き家を貸す前に確認したい17個の注意点について解説します。

この記事は、

1.空き家を貸す予定の方
2.空き家をすぐに貸したい

そう考えている人にオススメです。

続きを読む