空き家バンクとは。制度実施した374市町村の空き家バンクを一挙紹介

nobody-liveshouse

「空き家バンク」を理解してもらいます。

空き家を持っている人はもちろんですが、現在の日本における空き家は増加する一方であり、所有者にとって空き家問題というのはかなり深刻です。

そのような時に知っておくと便利なのが「空き家バンク」です。

空き家ビジネスなどにも活用できる制度を1つずつ理解していきましょう。

この記事は、

1.現状の空き家問題を知りたい
2.所有する空き家の悩みを解決したい

そういった方におすすめです。

空き家バンクは、空き家の所有者も相続予定の方も、知っておくと非常に有効な活用方法なので見ていきましょう。


数万円でも高く売りたい!空き家の価格査定ならまずは無料診断!

スマイスターならたった45秒の無料査定で現在の不動産の売却価格を知ることができます。

楽天リサーチの不動産価格の満足度1位の評価を受けたのスマイスター。「大切な不動産を最高価格で売却したい」方にとっておすすめのサービスです。

sumaistar-lp

sumaistar-link

⇒無料で資料請求してみる

空き家バンクは地域活性化のための制度である

空き家バンク制度ってどんな仕組みなんだとう?
既読
空き家バンクは昨今の田舎暮らしのニュースで一緒に聞くことが多い言葉です。
既読
順をおって見ていきましょう。

 

「空き家バンク」とは、自治体にある「空き家」と「それを使いたい人」をマッチングさせる仕組みであり制度です。

簡単にいえば、自治体が不動産屋をしているようなイメージです。

空き家バンク制度を実施している自治体の数

一般社団法人移住・交流推進機構のアンケート調査にて回答があった1,158市町村のうち、移住・交流促進の施策を実施しているのが595市町村あり、空き家バンク制度を実施しているのは62.9%(374市町村)と多くあります。

市町村数 実施率
595 374(62.9%)

また、平成21年度の調査よりも増えている傾向にあるため、現在の実数として400市町村以上は考えられるところです(500市町村以上とも言われています)。

線引きが難しく運営も困難

この、約400市町村以上が行なっている空き家バンク制度ですが、有名無実となっている空き家バンクも数多くあります。

物件数が集まらなかったり、自治体職員がどれだけ関与するのか、線引きが明確でないところもあります。

全体で見ると成功と言い難い空き家バンクですが、

「移住政策とセットでアピールすること」

「宅建業協会と連携すること」

で実績をあげている自治体もあります。

市町村独自の移住政策がある

移住政策を合わせて行なっている自治体の例として、地域おこし協力隊隊員に空き家バンクの運営を任せている自治体や、空き家の改修に補助金を出しているところもあります。

このような取組みに355の自治体が条例を作って取り組んでいます。

空き家対策条例のほとんとは空き家の管理に関するものですが、中には景観保全や居住促進に関する条例などもあります。

自分の親の家や行きたい地域で空き家対策条例が施行されているかチェックすると良いでしょう。

空き家物件を保有している宅建協会との連携

宅建業協会と組んで独自性を出している自治体もあります。

県内全域の空き家の物件情報を一元的に紹介するほか、賃貸や売買、間取り、住環境などの希望に合わせて検索しやすいように工夫されています。

就農者向けや古民家風、別荘、畑付き、温泉設備、お試し物件など、移住希望者の“こだわり”にも対応して、スムーズに物件を探せるようにしました。

以上のような取り組みを行なっている空き家バンクですが、なぜ空き家バンクができたのかを紐解いていくと理解が深まりますし、今後の日本の空き家問題がどうなっていくかが見えてきます。

日本を襲う空き家問題

akiyaritsu

空き家率の増加傾向

総務省が公表した「平成25年住宅・土地統計調査(速報集計)」によると2013年10月時点の空き家数は全国で約820万戸になり、住宅総数約6,063万戸に対する「空き家率」は13.5%に達しています。

akiya-suii

2040年には空き家率が43%にも達するという予測も出されています。

半分近くが空き家になるという恐ろしい時代がそこまでやってきているのです。

空き家にかかる固定費

空き家を売ったり、貸したりせずに維持した場合でもある程度の費用がかかります。

1年、2年は払えても、徐々に家計を逼迫していきます。

費用の内訳としては、

・固定資産税
・管理費(業者に管理を頼んだ場合)
・帰省の交通費(管理のために帰省)
・修繕費
・諸会費
・諸経費

などです。

これら総額で年間30万円〜50万円かかることもあります。

また、誰も住まない家は2年で売却困難になるとも言われていて、復旧するにしてもメンテナンス代がかかります。

放置による周辺環境の悪化

空き家をそのまま放置してしまうと、犯罪の巣窟になったり町の景観を害する場合もあり場合によっては訴訟問題になる可能性があります。

そうした時に空き家バンクが有効です。

空き家バンクの仕組み

空き家が増加しても、地域によっては不動産業者が活動していないため、どうしても放置された空き家が増えてしまいます。

それを憂慮した地方自治体が、民間の協力を得て「空き家バンク」を立ち上げるケースが全国的に増えています。

借りる側、買う側からしてみれば、利潤追求を目的としてない行政運営なので、安心して利用できるメリットがあります。

特に実際の運営に当たるのが自治体職員のため、地元の情報に明るく、幅広い人脈を備えており、地域住民との仲介者的役割を担ってくれるので、比較的早く地元に溶け込めるのがこの仕組みの良い点です。

空き家所有者と入居希望者を引き合わせるまで

空き家バンクに物件を載せる方法は、自治体に登録の申請を行います。

しかし、所有者は、その際に一定の審査をクリアする必要があります。

それは、自治体としても、不適切な物件(所有者)を将来の定住者候補に紹介することはできないからです。

物件の利用状況や設備状況によっては、登録を認めないこともあります。

登録されると、自治体の窓口やHPなどを介して、希望者に物件情報が開示されます。

しかし、

契約そのものにはほとんどタッチしない

のが一般的です。

全ては当事者同士で決めることになりますが、この方法がトラブルの原因になりやすいため、不動産業者の仲介を勧める自治体もあります。

そのため、

契約が成立するまでかなり時間がかかる

のも事実です。

全国一の空き家バンクの利用状況と実績

空き家バンク制度の中では、利用状況と実績で1番の自治体があります。

それは、長野県佐久市です。

長野県佐久市の空き家バンクは、平成20年から8年の間に400件もの契約が成立しています。

佐久市には都会からのアクセスの良さ、天災の少なさ、高い晴天率、医療環境の充実などの強みがありましたが、独自の取り組みも全国一の実績を後押ししています。

実際に都会から移住してきた移住・交流相談員が物件の案内を担当し、デメリットもきちんと伝えて移住希望者目線を大事にしていること。宅建業協会と協定を結んで、業者が保有している物件を空き家バンクにも登録することなどがあげられます。

増える田舎暮らし希望者

空き家問題を解決するべく作られた空き家バンクですが、少子高齢化に合わせて空き家は増えていきます。

ますます空き家バンクの需要は高まってくるでしょう。

制度発足から20年近くが経ちますが、前述以外の変化が起きるかもしれません。

また、3.11の震災以降、丁寧な暮らしをしたい、田舎暮らし希望者の数も増えています。たんなるブームで終わらせず、都会から田舎に移住してもらうためにも空き家バンクの充実は欠かせません。

皆さんも是非、近郊の自治体の空き家バンクをのぞいてみてください。

全国の空き家バンク一覧

全国にある空き家バンク一覧を紹介していきます。

北海道の空き家バンク

市町村 URL
小樽市 小樽市の空き家バンク情報
三笠市 三笠市住宅情報バンク
福島町 福島町の空き家バンク制度
滝川市 該当なし
富良野市 該当なし
増毛町 増毛町移住計画
南幌町 該当なし
標津町 該当なし
 洞爺湖町 該当なし
安平町 安平町の空き家バンク情報
南富良野町 該当なし
浦河町 該当なし

 

青森県の空き家バンク

市町村 URL
南部町 南部町空き家バンク

 

岩手県の空き家バンク

市町村 URL
久慈市 空き家バンク登録物件情報
住田町 住田町の空き家情報
奥州市 奥州市移住・交流情報館

 

宮城県の空き家バンク

 

秋田県の空き家バンク

 

山形県の空き家バンク

 

福島県の空き家バンク

 

茨城県の空き家バンク

 

栃木県の空き家バンク

 

群馬県の空き家バンク

 

埼玉県の空き家バンク

 

千葉県の空き家バンク

 

東京都の空き家バンク

 

神奈川県の空き家バンク

 

新潟県の空き家バンク

 

富山県の空き家バンク

 

石川県の空き家バンク

 

福井県の空き家バンク

 

山梨県の空き家バンク

 

長野県の空き家バンク

 

岐阜県の空き家バンク

 

静岡県の空き家バンク

 

愛知県の空き家バンク

 

三重県の空き家バンク

 

滋賀県の空き家バンク

 

京都府の空き家バンク

 

大阪府の空き家バンク

 

兵庫県の空き家バンク

 

奈良県の空き家バンク

 

和歌山県の空き家バンク

 

鳥取県の空き家バンク

 

島根県の空き家バンク

 

岡山県の空き家バンク

 

広島県の空き家バンク

 

山口県の空き家バンク

 

徳島県の空き家バンク

 

香川県の空き家バンク

 

愛媛県の空き家バンク

 

高知県の空き家バンク

 

福岡県の空き家バンク

 

佐賀県の空き家バンク

 

長崎県の空き家バンク

 

熊本県の空き家バンク

 

大分県の空き家バンク

 

宮崎県の空き家バンク

 

鹿児島県の空き家バンク

 

沖縄県の空き家バンク

 

 

 

 


fudousan-pointすぐに探せる!空き家売却の見積比較おすすめサイト一覧

fudousan-baikyakumap

不動産の売却先に困ったなと思った時は「一括見積比較サイトを利用すること」がおすすめです。

とはいえいくつもサイトがあって迷う事も多いですから、土地ハックが厳選したものをランキング形式で3つほど紹介しますので参考にしてみてくださいね。

おすすめ見積サイト比較表

←スマホの方は左右にスクロールできます→

  イエイ イエウール マイスミEX
サイト画像 スクリーンショット 2017-05-02 12.56.13 ieu-ru maisumi-ex
運営歴 10年 3年 5年
利用者数 300万人〜 1000万人〜 非公開
特徴 ・業界最大手サービス
・初心者でも分かりやすい
・独自制度で安心見積
・買取価格重視
・複数社で比較可能
・価格差が大きい
・全国対応
・厳選6社で比較
・新興系サービス
提携社数 1000社以上 1300社以上 450社以上
金額 無料 無料 無料
最短査定 60秒 60秒 60秒
おすすめ度 ★★★★★ ★★★★☆ ★★★☆☆
リンク 公式サイト 公式サイト 公式サイト

best1イエイ

yey

touroku※実際の査定額を大公開中!

不動産売却専門サイト「イエイ」はTVCMでも有名な利用者数300万人を超える見積サイトです。

サービス開始から10年の運営実績があるほか、大手から地元に強い企業1000社以上を網羅しており、悪徳業者の排除システム「イエローカード制度」で安心安全な見積が可能。

なんでも相談、お断り代行サービス、査定後のフォロー、専門知識のある専任スタッフが常駐だからできる万全のサポート体制なので、初めての方でも気になることを24時間・年中無休で相談できます。

▼イエイのココ!がおすすめ

「分からないことが多すぎて色々と相談したい!」そんな方には特におすすめ。もちろん最初から最後まで完全無料です。

⇒とりあえず詳細を見てみる


best2イエウール

ieullp

touroku※100%価格重視という方におすすめ

全国の不動産会社から売却先を探せる 「イエウール」は、業界No.1の買取社数1300社以上から比較できることが最大のウリ。

そのため、実際の買取査定額を比較した時に大きな差が出る事がよくあります。結果的に2017年2月の調査ではお客様満足度98%と多くの方に喜ばれているサービスです。

▼イエウールのココ!がおすすめ

「とにかく買取価格重視!」という方は一度利用してみた方が良いでしょう。もちろん簡単査定、完全無料で利用できます。

⇒とりあえず詳細を見てみる


best3マイスミEX

maisumi-ex

touroku※今の不動産状況が気になる方に

「マイスミEX」は多数の不動産会社で査定できる人気のサービスですが、不動産の状態や不動産の相場、人気の傾向から見積査定してくれるので、現在の状況に合った正しい査定額を提案してくれることが特徴です。

・不動産会社や地域によって査定方法や参考事例が違う

・査定先によって得意としている物件の種類が違う

・不動産会社や担当営業によって売り出し方が違う

こういった点が気になる方は是非一度査定してみることがおすすめです。

それ以外にも「不動産が老朽化していて売却できるか不安」「清掃していないから売れるのか不安」「相場が分からない」などの細かい点も様々な要素を検証して査定してくれるので、売り手側としても安心できますよね。

▼マイスミEXのココ!がおすすめ

最大1200万円の差があった事例もあったくらいなので、「価格差を気にする方には特におすすめ」です。もちろん利用は全て無料です。

⇒とりあえず詳細を見てみる

⇒不動産売却の見積査定ランキング

コメントを残す

*