注文住宅を建てるのに費用はどれくらいかかる?費用を安くするポイントは?

ordermadehouse-cost

注文住宅を建てたいと思ったときにまず考えなければならないのは予算です。

家を建てたくてもお金がなければ家を建てることはできません。ではいったいどれくらいの予算を用意すればよいでしょうか。

「予め決めてある予算内で家づくりをしたい」

「自分のいる地域で注文住宅の相場を知りたい」

「注文住宅の費用を安くしたり抑える方法を知りたい」

そんな悩みや疑問を持つ方のために今回は都道府県別の平均の予算と費用の内訳、さらには安く家を建てるポイントを紹介します。このコラムを読んでぜひ希望通りの家を建ててくださいね。


失敗しない家づくりをしたい!ハウスメーカー選びならまずは無料申込!

大手ハウスメーカー選びなら僅か3分の入力で無料提案を受けることができます。

タウンライフシリーズは累計利用者数が112万人を突破した大手不動産サービス。ハウスメーカーを利用して住宅を建てた多くの方が利用しているので「安心して相談できるハウスメーカー選びにはピッタリ」です。

housemaker-townlife

townlife-housumaker

⇒無料で資料請求してみる

注文住宅の都道府県別の価格相場は?

注文住宅を建てる時にだいたいの費用は知っておく必要があります。

ここでは都道府県別の価格相場を紹介します。皆さんの住んでいる都道府県の予算を建設費用を確認してみましょう。

都道府県別の注文住宅相場

都道府県名 延床面積(㎡) 延床面積(坪) 建設費相場
東京都 126.7 38.3 3936万円
神奈川県 128.6 38.9 3699万円
愛知県 132.7 40.1 3581万円
大阪府 128.2 38.8 3529万円
滋賀県 129.7 39.2 3517万円
福島県 135.0 40.8 3481万円
埼玉県 126.9 38.4 3462万円
奈良県 132.8 40.2 3439万円
静岡県 130.7 39.5 3433万円
沖縄県 128.4 38.8 3428万円
兵庫県 126.8 38.4 3384万円
千葉県 126.0 38.1 3377万円
佐賀県 135.1 40.9 3362万円
長野県 128.0 38.7 3328万円
宮城県 135.9 41.1 3327万円
熊本県 133.9 40.5 3325万円
福井県 135.3 40.9 3322万円
岡山県 125.6 38.0 3318万円
岐阜県 128.0 38.7 3316万円
福岡県 129.6 39.2 3304万円
石川県 136.0 41.1 3274万円
山形県 141.6 42.8 3259万円
広島県 126.0 38.1 3255万円
北海道 135.9 41.1 3220万円
京都府 123.0 37.2 3215万円
茨城県 126.0 38.1 3209万円
香川県 125.3 37.9 3200万円
山口県 115.5 34.9 3191万円
和歌山県 119.9 36.3 3170万円
新潟県 133.1 40.3 3165万円
三重県 123.6 37.4 3164万円
大分県 126.6 38.3 3156万円
栃木県 127.9 38.7 3143万円
岩手県 131.0 39.6 3128万円
徳島県 123.7 37.4 3127万円
長崎県 125.7 38.0 3115万円
山梨県 127.8 38.7 3082万円
富山県 135.9 41.1 3074万円
秋田県 132.7 40.1 3061万円
愛媛県 122.6 37.1 3034万円
高知県 117.9 35.7 2995万円
群馬県 122.5 37.1 2986万円
青森県 131.5 39.8 2918万円
宮崎県 117.2 35.5 2866万円
鹿児島県 115.8 35.0 2824万円

2017年度 フラット35利用者調査」より

 

都道府県別の土地費用込の値段は?

住宅を建てるためには建物だけではなく、土地も必要です。

ここでは土地費用込の価格を都道府県別に紹介しています。皆さんの住んでいる都道府県の費用を確認してみましょう。

都道府県名 延床面積(㎡) 延床面積(坪) 土地費用込
東京都 99.1 30.0 5592万円
神奈川県 105.8 32.0 4869万円
愛知県 116.6 35.3 4477万円
埼玉県 112.1 33.9 4336万円
大阪府 108.3 32.8 4264万円
兵庫県 114.9 34.8 4200万円
千葉県 113.9 34.5 4123万円
沖縄県 104.0 31.5 4097万円
奈良県 115.3 34.9 4086万円
京都府 109.1 33.0 4062万円
福岡県 116.0 35.1 4041万円
宮城県 120.6 36.5 3986万円
静岡県 115.0 34.8 3970万円
広島県 115.4 34.9 3928万円
岡山県 115.3 34.9 3894万円
滋賀県 115.4 34.9 3875万円
長崎県 114.0 34.5 3840万円
福島県 116.4 35.2 3818万円
長野県 117.2 35.5 3799万円
和歌山県 114.5 34.6 3777万円
三重県 118.5 35.8 3752万円
石川県 123.8 37.4 3748万円
香川県 119.8 36.2 3713万円
熊本県 110.7 33.5 3705万円
山口県 113.0 34.2 3704万円
茨城県 116.6 35.3 3656万円
山形県 117.5 35.5 3656万円
栃木県 116.8 35.3 3654万円
徳島県 115.0 34.8 3654万円
佐賀県 116.1 35.1 3639万円
岐阜県 115.4 34.9 3599万円
高知県 109.3 33.1 3568万円
愛媛県 112.9 34.2 3543万円
新潟県 118.2 35.8 3535万円
群馬県 116.1 35.1 3529万円
富山県 124.8 37.8 3526万円
大分県 114.0 34.5 3509万円
山梨県 117.5 35.5 3507万円
北海道 115.2 34.8 3466万円
青森県 117.9 35.7 3379万円
鹿児島県 107.4 32.5 3378万円
福井県 120.3 36.4 3371万円
岩手県 114.1 34.5 3328万円
宮崎県 109.1 33.0 3312万円
島根県 117.9 35.7 3186万円
秋田県 109.5 33.1 3060万円
鳥取県 110.8 33.5 3051万円

2017年度 フラット35利用者調査」より

 

家を建てる人たちはどんな人たち?

家を建てる時期というのはだいだい共通しています。

では実際にどのような人が家を建てているのでしょうか。

ここでは家を建てる人たちの年収や家族構成などを注文住宅と土地費用込に分けてまとめます。

2017年度フラット35 注文住宅融資利用者の主要指標

項目 全国 首都圏 近畿圏 東海圏 その他
年齢(歳) 42.4 44.2 42.4 41.6 41.8
家族数(人) 3.7 3.8 3.6 3.6 3.7
平均年収(万円) 589.4 637.3 593.3 579.4 568.7
住宅面積(㎡) 128.2 127.0 126.9 130.1 128.5
建設費(万円) 3353.5 3627.0 3408.1 3437.2 3193.0
土地取得費(万円) 5.0 4.8 11.6 3.9 4.1
手持金(万円) 651.1 769.7 698.7 677.1 578.9
融資金(万円) 2633.4 2782.2 2637.3 2696.2 2547.3
その他の資金
(万円)
74.0 79.9 83.6 67.7 70.8
1か月あたり
予定返済額
(千円)
89.3 96.3 90.1 90.3 85.6

2017年度フラット35 土地付注文住宅融資利用者の主要指標

項目 全国 首都圏 近畿圏 東海圏 その他
年齢(歳) 37.2 38.1 36.9 37.3 36.7
家族数(人) 3.4 3.3 3.3 3.4 3.4
平均年収(万円) 598.5 672.8 592.4 591.7 567.2
住宅面積(㎡) 113.3 107.8 112.0 116.3 115.6
建設費(万円) 2734.3 2624.9 2632.2 2864.8 2791.3
土地取得費(万円) 1304.9 2092.9 1516.5 1206.4 885.9
手持金(万円) 450.2 500.1 454.8 456.6 423.8
融資金(万円) 3448.4 4009.3 3536.3 3477.5 3149.5
その他の資金
(万円)
140.6 208.4 157.7 137.0 103.9
1か月あたり
予定返済額
(千円)
108.0 127.6 110.8 108.6 97.8

全国的に見て年齢や家族構成に大きな開きは見えません。建設費や融資額に関しては首都圏が高くなります。

これを見ても首都圏以外で家を建てた方が安く済むというのが分かります。

 

家を建てる費用の内訳は

家を建てるためには土地の費用と建築費用、さらには登記などに必要なそれ以外の費用がかかります。ここではそれぞれの費用について説明します。

土地の購入費用

家を建てるためには土地が必要です。

家を建てる場合、家の費用よりも土地代の方が高くなるのが一般的です。

特に首都圏に住んでいる方で家を建てようと思えば、土地代がかなり高くなります。そのため、職場から離れても土地代が安いところに家を建てる人も多いです。

もちろんではありますが、土地を持っていれば土地代はかかりません。ただし、親から土地を譲り受けた場合は相続税がかかりますし、地盤が緩んでいる場合は地盤を強くする工事が必要になります。

また、その土地に建物があれば解体費用もかかりますので、土地があれば費用はかからないとは限らないということは覚えてきましょう。

建築費用

建築費用は家を建てる費用なのですが、家を建てる費用は全体の75%程度でそれ以外の費用も掛かります。

先ほど少し述べましたが、購入した土地に建物が建っていた場合にはそれを解体する費用がかかりますし、地盤が緩い場合はそれを強化する費用が掛かります。

他にも建物以外の外まわりを整える費用や、照明器具・空調の工事費、水道管やガス管の引き込む工事費や、さらにその引き込んだ水道管やガス管を建物内部に引き入れる工事費がかかります。前述したようにこうした工事費はかなりの金額になりますので、どの項目にいくらかかるのかしっかりと確認しておくようにしましょう。

諸手続きにかかる費用

家を建てるためには土地代と建築費用以外にもかかる費用があります。それは物件を登記するための費用やローンにかかる保険料、さらには近隣の方々に挨拶するための費用も含まれます。

こうした費用だけで数百万円になる場合もありますので、必ず事前に確認しておくようにしましょう。そして自分でできるところや安くできるところに関しては、しっかりと交渉をして費用を抑える努力をしましょう。

 

注文住宅で安く家を建てるための4つのポイント

家を少しでも安く建てたいという人は多いと思います。

家を購入する時に少しでも安くというのは100円というレベルでは話ではないからです。

家を安く建てるにはポイントがあります。ここでは家を安く建てるための4つのポイントを紹介しています。

この4つのポイントを意識して、注文住宅を選ぶようにしましょう。

こだわる場所を限定する

家を建てるとなるとこだわるところがあるのは当然です。

一生に一度の買い物ですから、こだわらない方がおかしいでしょう。ただし、こだわりがたくさんあると費用がかなりかかります。良いものは費用がかかるのです。

こだわりを現実化するべく、台所やお風呂を良いものにすると、最終的に予算オーバーなんてこともあります。こだわりは大切ですが、予算を考えてこだわる場所の優先順位を考えておきましょう。

シンプルな設計にする

家を安く建てるためにはシンプルな設計にする必要があります。

シンプルな設計とは正方形に近い形で、間取りが1階と2階で同じ、壁はなるべく少なくするということです。

シンプルな形にすることで、それだけ資材がかかりませんし、壁が少なければその分だけ材料が少なくて済みます。また、壁が少なく、1階と2階が同じ間取りであれば、それだけ工事が楽になるわけですから、人件費も安くなります。

このようにシンプルな設計は工期が短くなり、その分人件費がかからないため費用も安くなるというわけです。費用を安く抑えたい人は壁を少なくして間取りをシンプルなものにしましょう。

材料や素材を統一する

建築材料や素材は様々なものがあります。

壁ひとつとっても高いものから安いものまであります。

この材料や素材にこだわると費用はかなりかかるようになします。材料や素材には必要以上にこだわらない方が建築費用は安く抑えられます。また、材料や素材を統一すると無駄なく材料や素材を使うことができるため、それだけ安く家を建てることができます。材料や素材へのこだわりは持たないようにしましょう。

水回りを集中させる

水回りに関しては家の中に引き込む必要があります。

そのため、水回りが近くにまとまっていた方が安く済みます。1階と2階の水回りの設備、例えばトイレなどの位置を統一することで、費用を安く抑えることができますので、間取りを考える際には水回りの位置について意識しましょう。

 

注文住宅を建てる時のまとめ

ここまで注文住宅を建てる際のポイントをまとめてきましたが、大前提で大事なのは「予算をしっかりと決めておくこと」です。

家を購入する際にはまず最初に予算を決めておくことが必要です。

家を建てるとなるとどうしても希望がたくさんでてくるものですが、予算をしっかりと決めておかないと、最終的に予算オーバーになることが多くありトラブルの元になってしまいます。

前述したように家を建てるためには建築費用や土地代以外の費用もかかります。そうした費用もしっかりと考えた上で、土地はいくらぐらいで、家はいくらぐらいにするのか考えておいてください。

このコラムを参考にぜひ希望にかなった家を建ててください。

コメントを残す

*