使い道に困っている土地は売った方がスッキリしますが、「いずれ使うかもしれない」「親から相続した土地だから」という理由で売却に前向きになれずに、“ひとまず所有しておこう”という人も多いです。ただ、何もせずに放っておくと税金や管理に出ていくお金ばかりで割に合いませんよね。

そこで、知りたくなるのが土地活用の方法ですが、「土地活用はどんな方法があるの?」「どうやって始めたらいいの?」といった基礎的な部分が分からないために、尻込みするケースもあるかと思います。

そんな時に活用したいサービスが「土地活用の窓口」。名前通り、土地活用を考えている人の悩みに沿った内容が凝縮されています。

土地活用の窓口がどんな内容なのか、メリットやデメリット、利用者の口コミなどを徹底的に解説していきます。

⇒公式サイトはこちら

土地活用の窓口はどんなサービス?

駐車場経営、アパート経営、戸建賃貸経営、マンション経営、宿泊施設…と土地活用のプランはたくさんあります。なんとなくのイメージで「簡単そうな駐車場経営がしたい」「賃貸経営で大家さんになってみたい」と考えている人もいるかもしれません。

しかし、ひとくちに「土地」と言っても、「どの地域にあるか」「大きさはどのくらいか」「周辺にはどんな建物が建っているか」「道路からは入りやすいか」など、土地条件によってベストな活用方法の選択肢は変わってきます。

その土地にあまり適していない活用法を選んでも、思ったように活用できないケースも多いです。

土地活用の窓口では、それぞれの土地の立地や面積などをもとに簡単におすすめの活用方法を診断してくれます。さらに、対応可能な企業に対し、資料を一括で請求できるサービスです。

土地活用の窓口の良い点

利用の決め手となる「良い点」について見ていきましょう。

多数のプランから土地にあった“最適プラン”を教えてくれる

さまざまな土地活用のプランのなかから、個々の土地にあったベストな選択を提案してくれます。

例えば、それほどお金をかけなくてもスタートできる駐車場経営は、地域によっては稼働率が悪く収益があまり期待できないこともあります。自分では、「初期費用が少ないから駐車場で活用したい」と思っても、初期費用のことだけでなく、これからの収益も考えて土地活用をしなければ損をするかもしれません。

土地活用の窓口では、土地の状況に合ったプランを「第三者の目線」そして「プロの目線」から判断してもらえるのがメリットと言えるでしょう。

専属相談員に直接相談できる

土地活用は、多くの人が「分からない点が多い」と感じています。

資料を見ても、不動産に関する専門用語ばかりだと「内容が分かりにくい」「本当にこの内容でいいのか」など疑問が生じるのはよくあるケース。土地活用の窓口の専門相談員は、そんなときの相談も受けてくれます。もちろん無料なので、納得するまで相談してみましょう。

24時間受け付けてくれる電話サービス

フリーダイヤルで電話するなら、午前9~午後7時までの受付時間内しか相談できません。

仕事で忙しいと、営業時間に電話するのは正直難しいですよね。

土地活用の窓口には、フリーダイヤル以外の24時間電話受け付け中の電話サービスもあります。「相談したい」と気になったのが遅い時間でも、ためらうことなく相談できるのは利用者にとって嬉しいポイントです。

メールでの相談もできる

メールで相談する方法もあります。

「後から読み返したい」「文章にした方が詳しく相談できそう」という場合は、24時間オンラインで受け付けているメール相談がおすすめです。

提携企業は厳選された優良企業ばかり

土地活用の窓口は、全国各地の企業と提携しています。

土地活用の窓口の母体となる運営会社は、利用者が相談しやすくなるように気を配っています。利用者から苦情が来るような企業はトラブルのもとなので、厳しい目線で排除することもあるのだとか。運営会社の配慮により、提携している企業は信頼性が高いでしょう。

無料でもらえる小冊子

利用者特典として、土地活用に関する小冊子を無料でもらえます。

「土地活用でありがちな失敗」「活用までの流れ」など、知っておきたい基礎知識から業界関係者だけが知るような土地活用に関する裏情報が満載。基礎知識を知るイメージで読めば、土地活用がもっと身近に感じられるでしょう。

土地活用の窓口の悪い点

利用前に、悪い点もおさえておきましょう。

プランを提案してくれる企業が少ないことも

いくつかの企業のプランを照らし合わせて吟味できるのが「土地活用の窓口」の強みです。ただ、全国各地に提携企業があるとはいえ、所有している土地の場所によっては対応している企業が少ないかもしれません。

自分の希望が実現しないかもしれない

土地の状況や活用目的次第でプランの「向き・不向き」が変わります。

自分でやりたい土地活用をイメージしても、専門家の見解では「立地的に利益を得るのが難しい」というケースもあります。そんな場合には、ほかの提案が出てくるかもしれません。

土地活用は、利益を考えて行わなければ失敗に終わります。お金をかけて失敗しては、無駄な労力。初めにかかる費用はもちろんですが、立地に合わせた最適な土地活用を慎重に考える必要があります。プロの目線から違う活用法を提案されるかもしれませんが、話を詳しく聞いてみてくださいね。

土地活用の窓口の評判

土地活用の窓口の運営母体となる会社は「セカイエ」。

設立が2008年とまだ新しいですが、年々、事業が拡大されている急成長中の会社です。評判も上々で土地活用の窓口のほか、「イエイ」という不動産売却サイト、「リノコ」というリフォームサービスなども展開中です。

働きがいのある会社に贈られる「ベストカンパニー賞」も受けたことがあり、今後の成長への期待とともに、そして信頼性がある会社と言えるでしょう。

会社の評価も高いのはもちろんですが、土地活用の窓口も評判はおおむね良いです。利用者のメリットになる特徴が盛り込まれていて、口コミも良いものを多く耳にします。

土地活用の窓口の口コミ

良い点もあれば悪い点もあるのは、どんなサービスにも言えることですが、「使ってみたらこうだった!」という利用者の口コミは使う上で大いに参考になるかと思います。実際に使った人の声をピックアップしてみました。

  • 中立的な立場から的確なアドバイスをもらえた
  • 紹介してもらった企業の対応が丁寧だった
  • 放置していた土地にぴったりの活用法が提案された
  • 入力が簡単ですぐに利用できた
  • 24時間電話で相談できて助かった

不動産会社といきなり直接やり取りするのが不安という人は多いです。

土地活用の窓口が間に入ってくれたので安心して利用できたという口コミがたくさんありました。相談担当者は「中立的」な立場で相談にのってくれます。

不動産会社に直接相談すると「不動産会社のペースで進められる?」という心配が出てくるので、第三者的な立場で仲を取り持ってくれる存在はありがたいですね。

また「相談は24時間いつでもOK」という特徴も良い口コミに繋がっていて、遅い時間に相談できて助かったという人が多かったです。

ただ、なかには若干否定的な口コミもありました。

  • 期待していた活用法ができないと言われた
  • 選んだ企業からの活用プランの提示が少し遅く感じた

土地に最適なプランが勧められるので、自分が思い描いていた活用法が現実的に厳しいと言われるケースもあります。ただ、それはプロの目線から見た結果なので、詳しく話を聞いて、別の活用方法があれば検討する価値があるかと思います。

また、クイック診断を経て、希望した企業から資料をもらう期間に不満を感じるケースもあるようでした。

活用プランは、周囲の環境や土地状況など精査したうえで提示されます。「すぐに資料がみたい」と考えていると遅く感じるかもしれませんが、詳しく下調べしたうえで提示されたプランの方が安心と言えるでしょう。

土地活用の窓口の手順や流れ

安心して土地活用の窓口の利用をするため、おおまかな手順や流れを確認してみましょう。

①クイック診断のために項目を選ぶ

②診断結果を見る

③相談員からの電話を待つ

④希望にマッチした不動産会社を紹介してもらう

⑤土地活用プランに関する資料を受け取る

⑥プランを比較する

「都道府県」「土地の広さ」「重視する点」「携帯番号」「メールアドレス(任意)」を入力すれば、希望や土地にぴったりな活用プランがクイック診断ですぐに分かります。それをもとに相談員と電話しながら進めていくと安心かもしれません。

最終的にプランをもらったら比較してみましょう。その中でも不安があれば専門相談員へ相談し、不安点をなくすことができます。

また、サイトからクイック診断のフォームに入力せずに、いきなり電話で相談しても受け付けてもらえます。

土地活用の窓口のまとめ

土地活用の窓口のサービスにはたくさんの魅力がります。

使いやすく親身な内容で利用者も満足度も高いです。

専門性のあるスタッフが相談員として常駐しているので、思い立ったときにすぐに相談できるのも好評。「土地活用にちょっと興味がある」と検討している段階でも、経験豊富な専門相談員がアドバイスをしてくれます。

すべて無料で安心して使えるサービスなので、まずは気軽に相談してはいかがでしょうか。